AUDIO/MAC

mac mini(late 2012)をメインマシンにしたところ、開発が捗った!

DELLの数年前のデスクトップ機をmac miniに入れ替えました。
ここ数年仕事用にmacノートをメインに使っており、ほとんど使っていなかったデスクトップ機。時間の余裕もでき、腰を添えて新たなサービスの開発を行おうかとmac miniを導入しました。

また、officeソフトや画像編集、動画編集ソフトもmacのものしか持っていなかったので、Windows機ではあまりにも用途がなかったというのも買い替えのきっかけです。それから、なんといってもmac miniは安くて省電力!エコです。

今回購入したのは、クアッドコアi7のモデル。
フージョンドライブとやらにカスタマイズし、メモリも安かったので16Gへ。

開発用途や画像編集、動画編集くらいだと十分すぎるスペックです。

Parallelsでwindows開発用へ

これまでmacノートではBootCampにwindowsを入れていましたが、再起動が面倒でほとんど使用しませんでした。
ここのところWindows系の開発も増えてきたためmac用の仮想化ソフト「Parallels」でWindowsをインストール。もちろんWindows8です。

Windows8は職場で使っているのですが、使いやすいです。

そして、Parallels。

もっと早く導入していればよかった。。
とりあえず開発メインのWindows8ですが、すぐに立ち上げられるのは便利です!

意外にも音が良いmac mini

さっそくNASにためてあるiTunesの曲を再生してみたところ、意外にもいい音が出ます。PCからスピーカーへの構成は、変更していないはずですが明らかに聞こえない音が出ています。これは意外な誤算でした。

mac miniでPCオーディオ!なんてのもよく聞くのでこれはこれでありかもしれない。
スピーカーが小さなBOSE M3なので、迫力に欠けますが、とりあえずいい感じに鳴ってます。

さて、こんな感じでmac miniを導入し、うちのPCはすべてApple製品となってしまいました。

Apple恐るべし!

_IGP3073

タグ