AUDIO/MAC

【レビュー】音楽配信サービスがCD音質を超えたみたいなので Apple music から Amazon Music HD に乗り換えた

2019年9月、突如Amazon Musicのパワーアップ版「Amazon Music HD」がスタートした。

キーテキスト「6,500曲を高音質ストリーミング配信」のとおり、多くの楽曲がCD並みの音質で配信され、一部の楽曲ではCDを超える規格で配信される。これはよく「ハイレゾ」と呼ばれる形式で、よりアナログに近い音を出すことができる。これが定額で聴き放題というのは画期的で他にない(月額1,780円 ※プライム会員の場合)

Amazon Music HDはコチラ
https://www.amazon.co.jp/music/unlimited/hd

さて、私は普段Apple Musicを使っていてお気に入りのオーディオ機器と接続して楽しんでいます。このApple Musicのような音楽配信サービスは、世にある膨大な音楽の中から、好きなアーティストの曲や、知らない流行りの曲、マイナーなあのジャンルまでも、その日の気分によって簡単に検索して聴けるので音楽聴きにはとにかく便利です。私にとって暮らしを豊かにしてくれるアンビエントなサービスの一つになっています。

ただ、音質面ではビットレートが256kbps前後と、CDに比べて5分の1程度の情報量で、音が良くないというイメージがあります。聴き比べしなければそれほど気になるものではないでしょうが、比べてみると差は歴然で、響きや伸びやかさ、空気感などCDの方が断然優れています。

そんな音質面においてCDより劣っていた音楽配信サービスですが、Amazon Music HDでは、CDと同等、もしくはCDを超える規格という内容にパワーアップしています。

CDを超える規格とは

CDをはじめとするデジタル規格の音質はビットレート[bps]を見るとわかりやすいと思います。ビットレートは1秒間に伝送するデータ量のことで、ビットレートが大きいほど精細に情報を処理することができます。より実際のアナログ音に近い音を表現できるということです。

[CDのビットレート]
CDの規格は16bit/44.1kHzのステレオ2chです。
これからビットレートを計算すると、
CDのビットレート = 16[bit] × 44,100[Hz] × 2[ch] = 1,411.2k[bps]

1,411.2kbpsがCDのビットレートです。今までの音楽配信サービスのビットレートが256kbps前後なのを考えるとだいぶ情報量が違いますね。
実際は圧縮形式などによって音質も左右されるため、一概には言えませんが、ビットレートがひとつの目安になることは確かです。

このCDのビットレートを踏まえて、Amazon Music HD が提供する3つのファイル形式を見てみましょう。

SD(STANADARD DEFINITION)
ビットレート:最大320kbps

今までの音楽配信サービスと同じ音質です。ビットレートはCDの1/5程度ですがお気に入りのオーディオで聴くと気持ちよく楽しめます。比べなければこれで十分な気もします。

HD(HIGH DEFINITION)
ビットレート:最大850kbps(16bit/44.1kHz) ロスレス音質

配信される多くの曲(6,500万曲)がこの形式に変わっています。ビットレートは従来の倍以上。ロスレス形式は可逆圧縮で、サイズを落としながらも元のデータと同等の音質に復元します。なのでCDのビットレート(1,411.2kbps)よりも小さな最大850kbpsでCD音質を再現するようです。試しに聴いてみたところ、慣れ親しんだCD音質そのものでした。

ULTRA HD
ビットレート:最大3,730kbps(最大24bit/196kHz) ロスレス音質

CDとは明らかに雰囲気が変わります。響きや空気感といったうちのオーディオが得意とする美音が一層際立ちます。慣れ親しんだCDとは違う音でとても面白いです。

音質面の感想

まず、昔のように圧縮音源(低いビットレート)は、”低音スカスカ”、”高音キンキン”という感じはありません。圧縮技術の進歩でしょうか。いつも使ってるApple Musicは圧縮音源ですが十分聴き応えあリます。

なので、これまで

Apple Musicで流行りの曲や知らない曲を流し(圧縮音源)、
お気に入りのアーティストはCD買ってPCに取り込む(CD音質)
というスタイルでPCオーディオを楽しんでいましたが、

Amazon Music HDの登場は、このスタイルをガラッと変えてくれました。

ULTRA HDの音質は、数年前にちょっと流行った?SACDみたいな違和感もなく、
ただただ気持ちの良い印象です。

低い音は、深〜く、
高い音は、遠く響き、
中間は、芯が一段太く

うちの環境でのULTRA HDはそんな印象です。

まとめ

CDがあらゆる面でいらなくなりました。

そして、私はApple MusicからAmazon Music HDに鞍替えをしました。
(Apple Musicで聴いていた曲やCDから溜め込んだ楽曲と同じものが、Amazon Music HDにもあることを確認して…)

便利さや曲数だけでなく、音質までも、ちょっと前とは比べ物にならない神サービスが突如はじまって、すごく良い時代だなあと思いました。

ちなみに私が初めて買ったCDはコレ。懐かしい。

(いまのところ)最後に買ったのはコレ。これもAmazon Music HDに全曲ある。

Amazon Music HDは90日間お試しできるので、
興味のある方は試してみてください。
https://www.amazon.co.jp/music/unlimited/hd

コメントする

コメントをください。