BLOG

スマホの契約をキャリアから格安simに変えたら通話料が激減した。LINEモバイル推し。

スマホの通話料のお話。

私は以前auで契約していて月々の通話料は14,000円ほどでした。格安SIM が流行りだした3年ほど前に鞍替えし通話料は2,000円くらいで済むようになりました。

はじめはUQモバイルでしたが今はLINEモバイルです。

3年くらい格安SIMを使って全く問題ないので、月々の通話料を抑えたい方におすすめしたく、お届けします。(笑)

キャリアはドコモ、au、ソフトバンクの3社ことで、格安SIMは、UQモバイル、mineo(マイネオ)、LINEモバイル、Y!モバイルなどたくさんあります。

キャリアから離れられない理由

格安SIMは気になるけど、キャリアから離れられない理由もあるかと思います。よく聞くのは。。

  • 家族割を使ってるので抜けられない
  • キャリアの方が安定・高速
  • キャリアで特に不満がない
  • 手続きが面倒
  • どの格安SIMにするか決められないままズルズル

このような理由でキャリアを使い続けてる方も多いようです。
特に1つ目の家族割は仕方ないかもしれません。下4つは。。。まあ「キャリアの方が安定・高速」なのは間違いないけど、「格安SIMが不安定・低速」で使えないということでもありません。

格安SIMの圧倒的メリット「格安」が要るかどうかではないかと思います。

どの格安SIMが良いか

格安SIMはたくさんあり、さらに各社プランも豊富なので、調べたり比べたりがまた大変です。私はある3つの理由からLINEモバイルを使っています。

au→UQモバイルへ
最初私はUQモバイルを使っていました。格安SIMでも最大手のUQモバイルは三太郎のCMで有名ですね。あのCM新バージョンになるたびに楽しく拝見しています。
そして元々auを使っていて、auとUQモバイルの関係性(グループ企業?)からか、乗り換えの障害が低かったのを覚えています。auで使っていた機種もそのまま使えました。
それから2年近く使いましたがサービスはほとんど変わらず月額費用が5分の1で済むのには驚きでした。

UQモバイル→LINEモバイルへ
その後LINEモバイルへ乗り換えました。UQモバイルに不満があるわけでもなかったのですが、今も使ってるHuaweiのMate 10 Proという機種が使いたくなったのがきっかけです。このMate 10 Proという新機種は当初UQモバイルでは使えませんでした(いまはUQでも使えるのかな)。
で、Mate 10 Proが使える格安SIMを比較した結果、次の3つの理由でLINEモバイルにしました。

  • HuaweiのMate 10 Proが使える
  • LINEの引き継ぎ
  • 解約手数料がない

ひとつめのMate 10 Proが使えるのは大前提です。

2つめ。LINEのデータを引き継ぐのにLINEモバイルは手間が省けます。LINEの引き継ぎは他社だと少々めんどいのでこれは嬉しい点です。

3つめ。LINEモバイルは解約手数料がありません。厳密には契約から12ヶ月までの解約だと手数料があるようですが、12か月以降はいつ解約しても手数料がかかりません。他社やキャリアの契約だと2年縛りや3年縛りがあり、時期を逃すと解約手数料がかかります。
なんか自由を奪われた気分で煩わしいんです。(笑)

LINEモバイルの申込方法

今お使いのスマホの番号をそのまま使う場合は、事前に現キャリアからMNPの手続きを済ませておきます。

LINEモバイルの手続きは上記の公式サイトから進めるだけ。
私はドコモ回線、コミュニケーションフリープラン、音声通話SIMで契約しました。データ容量は最低の3G。月々1,690円です。

まとめ

キャリアから格安SIMに変えると月々の出費をグッと抑えることができます。
キャリアから離れられない理由をお持ちでないなら、格安SIMへの変更を強くおすすめします。

「格安SIMによるキャリアからの解放」
「iPad Proによる紙からの解放」
「ダイソン掃除機」

いずれにも通ずる感動があるような。(笑)

月3ギガではデータ容量不足するので、WiMAX 2+があると最強です!

まず気になるのは料金ですが、データ無制限でだいたい月4,000円くらい。ひと昔前はスマホだけで月に1万、2万とかかってたのに格安simのおかげでスマホ代は月...