BLOG

Fire TVはリビング、AppleTVは仕事で使い分ける

自宅では「Fire TV」、職場では「AppleTV」を使っています。

「Fire TV」や「AppleTV」がどういうものか分かりづらい部分もあるので
簡単におさらい。

なにするもの?

「Fire TV」も「AppleTV」も、テレビにつなげてインターネットで配信される動画や音楽を楽しむためのものです。Wi-fi環境で使います。

どんな配信サービスがあるの?

基本どれも有料です。ただし、「Amazonプライム・ビデオ」は、Amazonのプライム会員であれば「追加料金なく見放題」という破格のサービスです。

私が使っている配信サービスは以下のとおり。
(全部で月3,200円+消費税くらい)

プライム・ビデオだけで十分ですが、NetFrixやHulu、FODに加入すれば、アニメやドラマの数も豊富になり存分に楽しめます。

配信サービス Fire TV AppleTV 料金など
プライム・ビデオ Amazonプライム会員(年額3,900円)は見放題
NetFrix スタンダード:月額1,200円で見放題
Hulu 月額933円で見放題
FODプレミアム 月額888円
dアニメストア × 月額400円
Movies(Apple) × 見放題サービスはなし。
1本単位でレンタルor購入
Music(Apple) × 月額980円

それぞれのサービスで最近観た作品

最近観て印象に残っているものだけ挙げてみます。

Prime ビデオ

 ・帝一の國
 ・バクマン。
 ・くちびるに歌を
 ・WOOD JOB!
 ・しろときいろ(プライムオリジナル) 全話
 ・花郎(韓国宮廷ドラマ) 全話
 ・蒼天の拳(アニメ) 進行中

NetFlix

 ・溺れるナイフ
 ・バイオハザード
 ・北斗の拳外伝(アニメ)
 ・バキ(アニメ) 進行中

Hulu

 ・今夜くらべてみました
 ・安室奈美恵Finaly特集(Huluオリジナル)

FODプレミアム

 ・コードブルー
 ・BOSS

こんな感じで結構楽しんでいます。
なんだかんだ、プライム・ビデオが頻度は高いです。
プライム・ビデオは、作品の「レビュー」があったり、「この作品を観た人はこんな作品も見ています」のような機能が充実していて、思いがけず好みの作品に辿り着くのでおもしろいです。

NetFlixとdアニメでは「アニメ」。Huluでは「ドラマ」や「オリジナル作品」。FODでは「見逃しドラマ」で棲み分けてる印象です。

おすすめの配信サービスは

Amazonプライム会員なら、とりあえず、追加料金が必要ないAmazonプライム・ビデオを楽しみましょう。
これだけで十分楽しめます。見たい作品がプライム・ビデオにない場合は他の有料サービスを契約すれば良いです。

有料サービスでは、Huluが最近利用頻度高いです。
(家族がドラマをよく見てます)

今なら(ずっとかな?)2週間無料体験できますので、どんな番組があるのか確認するために登録するのも良いかもしれません。月額は933円(税別)。

アニメもよく見る方は、dアニメストアもおすすめです。

月額400円(税別)なのでお得です。

いずれも、FireTVだけでなく、パソコンやスマホでも同時に見れますのでリビング以外でも楽しめます。

で、「Fire TV」と「AppleTV」

基本的にどちらも配信サービスを楽しむ機械ですが、上でも紹介したように配信サービスの中でも「プライム・ビデオ」だけで相当楽しめます。

使い勝手は、「プライム・ビデオ」を使う分には「Fire TV」が断然便利。
お値段も「Fire TV」は7,000円くらいに対して、「AppleTV」は20,000円ほど。さらに「Fire TV」はAmazonでちょくちょくセールもあっているのでお得に買えます。

リビングでビデオを楽しむなら「Fire TV」

安く、機能も十分な「Fire TV」一択です。
TVとWi-fiがあるならすぐにでも購入してビデオを楽しんで欲しいと思います。
うちではTVに直接接続しておらず、AVアンプに繋げて映像も音声も楽しんでいます。

特殊な使い方で手放せない「AppleTV」

冒頭で紹介したとおり、「AppleTV」は職場で使っています。
用途はプロジェクター投影用。といってもただ投影するわけではなく、iPadを無線で映し出すため。

iPadはペン入力ができるので大勢に説明するときはとっても便利です。資料に注釈を入れながら説明できるので伝わりやすいと思っています。
さらに、これを会場で動き回りながら使うために利用するのが「AppleTV」です。

「AppleTV」を使うことで、iPadの画面を無線で「AppleTV」側に送ることができます(ミラーリング)。さらにこの機能はWifiがない環境でもOKで、画面の遅延もほとんどありません。

まとめ

配信サービスを楽しむだけなら「Fire TV」優勢。Apple製品のミラーリングもしたいなら迷わず「AppleTV」ということになります。

コメントする

コメントをください。