BLOG

一眼ムービーの編集ってどうやる? vol.4 ムービーの編集

一眼ムービーの編集ってどうやる? 4回目は、いよいよ編集作業です。

前回までの記事では、「Final Cut Pro」の基本的な流れから、撮影した映像を「Final Cut Pro」に読み込んで、編集の下準備をするまでをご紹介してきました。

動画編集には、「Final Cut Pro」と「Premiere Pro CC」どちらをお使いですか?どちらもビデオを作成、編集、制作するためのアプリケーションで、「Final Cut...

メディアの読み込みは、「Final Cut Pro」でムービーを作成するための最初の手順です。まずは、一眼カメラでSDカードに記録されたメディアを読み込みましょう...

一眼ムービーの編集を Final Cut Pro で行う上で、あらかじめ知っておきたい基本的な6つの用語を紹介します。とりあえずこの6つの用語と、下の画面イメージを...

編集作業では、今回紹介する工程を並行してやっていき、納得いくムービーに仕上げていく作業となります。

「プロジェクトを作成する」でプロジェクトを作った後は、順序はなく、どの工程から行っても構いません。また、各工程を何度も繰り返して行い、思い出に残るムービーに仕上げていきましょう。

プロジェクトを作成する

「Final Cut Pro」でムービーを作成するには、最初にプロジェクトを作ります。編集内容および使用するメディアがこのプロジェクトに記録されていきます。

プロジェクトを作るには、メニューバーより、ファイル>新規>プロジェクトを選択します。

以下のようなウインドウが現れます。

f0301

ここで、「プロジェクト名」と「イベント内」を指定してOKボタンをクリックします。

※「ビデオのプロパティ」のカスタムを選ぶと、4K、HDなどのフォーマットや解像度、レートの指定ができますが、固有の要件がない限り「最初のビデオクリップを基準に自動設定する」で良いでしょう。

これで、指定したイベント内にプロジェクトが作成されます。

ライブラリのイベントにプロジェクトが作成される
ライブラリのイベントにプロジェクトが作成される

同時に画面下のタイムラインにも新しく作成したプロジェクトが表示され、編集できる状態になります。

タイムラインに新しいプロジェクトが表示される
タイムラインに新しいプロジェクトが表示される

クリップをタイムラインに配置する

イベントにある「クリップ」をクリックすると、クリップが黄色い枠で囲まれます。

f0309

この状態で、タイムラインにドラッグして、プロジェクトにクリップを配置していきます。

クリップをドラッグしてタイムラインに配置する
クリップをドラッグしてタイムラインに配置する

以上を繰り返し行って、タイムライン上でシーンの流れを決めていきます。

クリップ範囲の指定(※あまり使わない)

クリップを選択した印である黄色い枠は、左右の幅を調整して範囲を指定して一部分だけをタイムラインに配置することができます。これは、タイムラインに配置した後も調整できますので、私は、範囲指定はせず、クリップの順番を決めるようなつもりで、まずはタイムラインに配置していきます。

f0306

配置を間違ったときは

クリップの並べ替え

タイムライン上では、配置したクリップをドラッグすることで並べ替えることができます。

クリップの削除

タイムラインに間違って配置したクリップは、DeleteキーまたはBackSpaceキーで削除します。

ムービーを確認する

「Final Cut Pro」では、プロジェクトとクリップをビューアで再生し確認します。ライブラリ内のクリップまたはプロジェクトの任意の位置をクリックすると、縦のラインが表示され、選択したカットがビューアに表示されます。そこからスペースキーを押すと再生開始します。

f0304

一方、タイムライン上のプロジェクトの再生開始位置の指定は、クリップを選択するのではなく、上下の空いたスペースをクリックすることで縦のラインが表示されます。そこからスペースキーで再生です。

f0310

ビューアを別画面で表示すると確認しやすい

マルチモニタ環境で使用されている場合は、ビューアをセカンドディスプレイに表示すると便利です。

メニューバーのウインドウ>セカンドディスプレイに表示で、フルスクリーンで表示できます。

f0307

ビューアでの再生がモヤっとしてるときは

フルスクリーンで表示してみて、なんだかモヤっとしてるなと感じた場合は、再生品質の設定が、「パフォーマンス優先」になっている可能性があります。

ビューアの右上にある「表示▼」をクリックし、品質の項目を「高品質」に変更してみてください。

デフォルトは「パフォーマンス優先」になってる
デフォルトは「パフォーマンス優先」になってる

タイムライン上のクリップを調整する

タイムラインに配置されたクリップ間のつなぎ目を動かして不要な前後の映像をカットします。

タイムライン上でクリップ間のつなぎ目にマウスカーソルを持っていくと、カーソルが変わり、さらにそこからドラッグすることで、クリップの前後の長さを調整できます。

f0311

過剰なぶれがあるときは手ぶれ補正機能を使う

タイムライン上で過剰なぶれがあるクリップを選択して、ビデオインスペクタを確認します。インスペクタは画面右上に表示され、上部のタブに「ビデオ」「オーディオ」「情報」が並んでいます。

インスペクタが画面に表示されていないときは、ツールバーの「インスペクタ」ボタンをクリックし表示させます。

右から2番目が「インスペクタ」ボタン
右から2番目が「インスペクタ」ボタン

ビデオインスペクタには、選択したクリップに適用されている様々な効果が表示されています。ここに「手ぶれ補正」という項目があり、先頭の四角い箇所をクリックすることで、「手ぶれ補正」のオンオフを行うことができます。

ビデオインスペクタ
ビデオインスペクタ

「手ぶれ補正」機能は便利ですが、反面、画質が落ちますので、私はできるだけこの機能を使わないようにしています。

トランジションを追加する

クリップとクリップの間に追加してシーンの切り替わりを制御する効果をトランジションといいます。ツールバーの「トランジション」ボタンをクリックすると「トランジションブラウザ」がタイムラインの右に表示されます。

真ん中にあるのが「トランジション」ボタン
真ん中にあるのが「トランジション」ボタン

この「トランジションブラウザ」に表示されているトランジション(クロスディゾルブ等)を、タイムライン上にドラッグして追加します。

トランジションブラウザ
トランジションブラウザ

試しにクロスディゾルブを追加してみましょう。クロスディゾルブは前後のクリップを重ねて徐々に切り替えを行う効果です。

クロスディゾルブをクリップとクリップの間にドラッグして追加します。

f0316

これを再生すると、段々と映像が変わっていくのがわかります。

f0317
f0318

f0319

f0320

トランジションの長さの調整

トランジション効果の長さの調整は、タイムライン上に挿入したトランジションの左右をドラッグして行います。

トランジションを多用しないでおくとスッキリする

「Final Cut Pro」には様々なトランジションが用意されていますが、私がよく使うのは「カラーフェード」です。クリップ間には、あまりトランジションは使わず、プロジェクトの最初と最後だけにこの「カラーフェード」を入れてスッキリとしたムービーを仕上げることが多いです。

タイトルを追加する

オープニングタイトルやエンディングクレジットを追加する時にこの工程を行います。

ツールバーの「タイトル」ボタンをクリックすると「タイトルブラウザ」がタイムラインの右に表示されます。

「T」の印が「タイトル」ボタン
「T」の印が「タイトル」ボタン

トランジションのときと同じようにして、タイトル(らせん階段等)を、タイムライン上にドラッグして追加します。

タイトルブラウザ
タイトルブラウザ

文字の変更は、ビューア上かまたは、「テキストインスペクタ」で行います。

ビューアまたはその右にあるタイトルインスペクタで、文字の変更を行う
ビューアまたはその右にあるタイトルインスペクタで、文字の変更を行う

私は、ビューア上のテキストをダブルクリックして、文字を入力しています。

エフェクトを追加する

「Final Cut Pro」のエフェクトには、大きく2つの種類があります。タイムラインに配置したクリップにはじめから含まれている基本的なエフェクトを内蔵エフェクトといい、それ以外の後からクリップに追加するエフェクトをクリップエフェクトといいます。

内臓エフェクトを調整する

内臓エフェクトには、「変形」「クロップ」「歪み」「手ぶれ補正」「ローリングシャッター」「空間適合」「合成」があります。これらはクリップのビデオインスペクタにはじめから追加されていて、それぞれの項目を調整するだけで効果をつけることができます。

内臓エフェクトの調整はビデオインスペクタで行う
内臓エフェクトの調整はビデオインスペクタで行う

クリップエフェクトを追加する

ツールバーの「エフェクト」ボタンをクリックすると「エフェクトブラウザ」がタイムラインの右に表示されます。

左から3つ目が「エフェクト」ボタン
左から3つ目が「エフェクト」ボタン

これもトランジションのときと同じようにして、エフェクト(色補正等)を、タイムライン上のクリップにドラッグして追加します。

エフェクトブラウザ
エフェクトブラウザ

事前にエフェクトを確認する

エフェクトブラウザの各エフェクトをマウスカーソルでなぞることで、どのような効果になるか事前に確認することができます。

色補正を行う

編集したプロジェクトを仕上げるうえで色補正は重要な作業になります。肌色が意図した感じと違う場合や、各シーン毎の色がマッチするように調整したりと様々な目的があります。f0327

「Final Cut Pro」では、クリップ毎に手動で色の調整を行う機能のほか、他のクリップを基準に自動で調整する機能があります。色補正の具体的なやり方は、別の記事でまとめたいと思います。

プロジェクトを共有する

プロジェクトの出力は、ツールバー一番右の「共有」ボタンから行います。

f0329

ムービーファイルとして保存したいときは、Appleデバイス720pや1080pなどを選択します。ここでは、YoutubeやFacebookに直接アップロードすることもできます。

まとめ

以上が「Final Cut Pro」の編集時に行う主な工程です。今回紹介した内容は、あくまで私が作るときの一連の手順になります。やりたい表現や効果に合わせていろんな使い方がありますので、次回からは、具体的なシーンに合わせた編集テクニックをまとめていこうと思います。