BLOG

一眼ムービーの編集ってどうやる? vol.1 Final Cut Pro の基本的な流れ

動画編集には、「Final Cut Pro」と「Premiere Pro CC」どちらをお使いですか?

ico_fcp

ico_prm

どちらもビデオを作成、編集、制作するためのアプリケーションで、「Final Cut Pro」は、Apple社が提供するMac専用のアプリ。一方の「Premiere Pro CC」は、Adobe社が提供するWindowsでもMacでも動作するアプリです。

Premiere Pro CCの画面
Premiere Pro CCの画面

「Final Cut Pro」と「Premiere Pro CC」

動画編集というと、だいたいどちらかを使ってるってくらい有名なアプリケーションです。

どちらを使ってもひと通りの編集作業は行えますので、やりたい表現が特に決まってない場合は、好みで選んで良いと思います。Macを使っている方は、はじめから「iMovie」という動画編集用のアプリが入ってますので、その有料版ともいうべき「Final Cut Pro」がとっつきやすいような気がします。

私はMacを使っていて、むかし「iMovie」でムービーを作っていたので、見慣れた画面の「Final Cut Pro」を使っています。

「Final Cut Pro」を使っていると言っても、豊富な機能のほとんどを使いこなせていません。そこで記事を通じて私の使い方を紹介しつつ学んでいこうと思います。「使い方が間違ってる」や「良い方法がある」といったご指摘から、「こういうことできる?」という質問まで、何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

Final Cut Proの基本的な流れ

「Final Cut Pro」を起動すると、以下のような画面が表示されます。画面は幾つかの領域に分けられていて、主なものは次の3つで、ライブラリ、ビューア、タイムラインと呼んでいます。

Final Cut Pro の画面イメージ
Final Cut Pro の画面イメージ

 

この画面でムービーを作っていきます。

「Final Cut Pro」の基本的な流れは、大まかに以下の3手順です。

その1 メディアの読み込み

まずは、SDカードなどに保存された動画ファイルを読み込みます。画面左の中段にある矢印のボタンで毎回メディアを読み込みます。

fcp2

読み込んだメディアはイベントとして整理され、ライブラリに並びます。

その2 プロジェクトを作って、ムービーを完成させる

プロジェクトとは、読み込んだメディアを使って作成するムービーのことです。

ライブラリを右クリックすると、以下のウインドウが表示されますので「新規プロジェクト」を選択してプロジェクトを作ります。

fcp4

作ったプロジェクトは、タイムラインに表示され、ここに、読み込んだメディアをドラッグして配置したり、エフェクトを追加したりして、ムービーを完成させます。

その3 ムービを共有する

ムービーが完成したら、ムービーを「共有」します。「共有」というと馴染みがないですが、「Final Cut Pro」では、「共有」=「ムービーを書き出す」という意味で使うようです。

操作は、画面右の中段にあるボタンで行います。

fcp3

Youtubeに直接アップロードしたり、Facebookにそのままアップしたりなど、いろんなメディアにすぐに共有することができます。

まとめ

「動画編集って、ちょっと敷居が高い」なんて思っていましたが、「Final Cut Pro」を使うと、ライブラリ、ビューア、タイムラインというシンプルな画面構成のおかげか、いつの間にか作業に没頭し、ストーリー作りに専念していることに気づきます。

「Final Cut Pro」は、最新のXになって、プロ離れが進んでいるという記事をよく見かけますが、「Final Cut Pro」の作業工程のわかりやすさは、一眼ムービーなどの作品編集にとても向いているんではないかと感じています。

とはいえ機能は豊富にありますので、おいおい記事でも、その詳細な機能について紹介していこうと思います。